iFashion Lab|ブログ公式|ファションとテクノロジーの融合

テクノロジーとファッションの融合を書いていきます。

ファッション向けVR制作ツール「STYLY Suite」とは?

一段と暖かくなり、夜も過ごしやすくなりましたね。布団から出られなかった日々が終わり、目覚めがだいぶ楽になりました。

VRは誰でも作れる!

突然ですが、iFashion Labは4月27日に「第1回STYLYハンズオン」を開催します。

f:id:yonemoto-taiga:20170423132919p:plain

テーマにする技術は「VR(仮想現実)」!その中でも今回は「STYLY Suite」というツールを使ってVRを組み立ててみようというイベントです。

ちなみに「ハンズオン」とは、ある技術やツールを講師やメンター付きで触って学んでみようという勉強会のようなものです。

誰でもVRが作れる「STYLY Suite」

STYLY誰でも簡単にVRを作ることができるVRクリエイティブツールです。しかもファッションに特化しています。

f:id:yonemoto-taiga:20170423125040p:plain

いままでVRのコンテンツを作るには難解な専門知識が必要だったのですが、STYLYを開発するPsychic VR Lab社の方はパワポを触れる人がVRを作れるレベルを目指す」というほど広く大衆が使えるツールを目指しています。

店舗用プロモーションに期待

VRは仮想空間を自由自在に造り上げるものですから、アパレルの展示様式を大きく変えると期待されています。

STYLY活用事例として伊勢丹とPARCOが2037年の東京を表現した「TOKYO解放区」でコラボし創造的な近未来のVR空間に洋服や小物をディスプレイしていました。

f:id:yonemoto-taiga:20170423124943j:plain

↑渋谷のセンター街と歌舞伎町の入口を組み合わせている

f:id:yonemoto-taiga:20170423130455j:plain

↑コンセプチャルな空間に「PARCO」「TOKYO」の文字が映える

なんと利用無料!(いまのところ)

こんな大手の活用事例もあるSTYLYですが、ベータ版(=開発途中版)ということで現状は無料でアカウントをつくり、VR制作を楽しむことができます。これは使わなければ損!

というわけで、VRはファッション業界においても新しい提案技法になると思いますのでぜひご興味ありましたら参加をお待ちしております!

イベント登録用ページはこちら(↓)