iFashion Lab|ブログ公式|ファションとテクノロジーの融合

テクノロジーとファッションの融合を書いていきます。

リッチな無料3Dモデルを活用しよう(後半)〜STYLY SuiteでVR制作 [第13回] 〜

前回は3D Warehouseから無料の3Dデータを取得する方法をご紹介しました。後半の今回はそのVR空間挿入までを解説します。

STYLY Suiteはskpファイル対応

STYLY Suiteのエディタ画面から「Assets」(↓)を選択します。

f:id:yonemoto-taiga:20170430211235p:plain

「3D Model」(↓)を選択します。

f:id:yonemoto-taiga:20170430000632p:plain

3Dモデルの選択画面で「Upload」タブ(↓)を押します。

f:id:yonemoto-taiga:20170510212914p:plain

「Select」(↓)を押します。

f:id:yonemoto-taiga:20170510213654p:plain

読み込みたいskp拡張子のファイルを選択します(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170510215130p:plain

画面が戻ってskpファイル名が現れているのを確認し、読み込んだファイルに新たに登録したい名前をつけ、「Upload」を押します(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170510215525p:plain

ゲージが緑に変わると、下部のProcessing Statusにアップロード作業をしたskpファイルの情報が現れます(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170510220033p:plain

Statusでアップロード状況を確認

通常3Dファイルは何〜何十MBもあるので、アップロードが完了するまで時間がかかります。ファイルが自由に利用できる状態かどうかは「Status(ステータス)」で確認します(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170510221243p:plain

ステータスはこの2通りです:

・Uploaded - アップロード作業中(= まだVRへ挿入不可)

・Completed - アップロード作業が完了(= VRへ挿入可能)

アップロードには数十秒〜数分、データ量によっては数十分かかるので気長に待ちましょう。(その間、まだファイルを追加したい場合は「Upload another model」を押します。)

f:id:yonemoto-taiga:20170510222434p:plain

My ModelsからVR挿入

「My Models」タブから自身がアップロードした3DデータのVR空間挿入が可能です(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170510224857p:plain

エッフェル塔が登場しました!!(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170510223907p:plain

以上でステップ終了です。お試しください。今日もお疲れ様でした。

PS. 混戦のフランス大統領選にちなんでエッフェル塔でやってみました。

 

※STYLY Suiteの利用はこちらから(↓)

suite.styly.cc