iFashion Lab|ブログ公式|ファションとテクノロジーの融合

テクノロジーとファッションの融合を書いていきます。

Mayaで作ったデータをVRに入れる(2)〜STYLY SuiteでVR制作 [第17回] 〜

90年代のミリオンヒット集をBGMにしながら書いている筆者です。 今日よりエネルギッシュな輝きと切なさに満ち溢れた楽曲たちに驚かされます。

前回うまくいかなかったこと

さて、前回のブログではMayaでFBX書き出ししたデータをSTYLY Suiteに入れた結果、次の問題が発生しました:

⑴ 要らないデータが出現した

⑵ 目と鼻が消えてしまった

⑶ モデリングがカクカクしている

f:id:yonemoto-taiga:20170522213131p:plain

一つずつ解決策を考えていきましょう。

⑴ 要らないデータの出現

一見Hardware Renderer上では不要なデータ(↓)はないようです。

f:id:yonemoto-taiga:20170522200301p:plain

しかし、Outlinerを見直してみると要らないデータを非表示(Hide : Ctrl+H)にしていました。再表示(Unhide : Shift+H)したらVR空間に現れた不要データと同じものが出現しました(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170522201157p:plain

したがってFBX書き出しする際には二つの手段が考えられます:

a. 不要なデータはすべて消してから書き出す

b. 選択したデータだけ書き出す

aの手法は単純にOutliner上から要らないデータを削除してから「File > Export All」をします。bでは書き出したいデータのみを選択した状態で「File > Export Selection」を押します(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170522210218p:plain

⑵ 目と鼻が消えてしまった

消えた理由は簡単で目と鼻がNURBSで作成したままになっていたようです(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170522202226p:plain

f:id:yonemoto-taiga:20170522201718p:plain

これをポリゴンに変換しましょう。「Modify > Convert > NURBS to Polygons」でポリゴンに変えることができました(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170522202534p:plain

モデリングがカクカクしている

モデルの丸みはレンダラー(Viewport 2.0)上で3番キーを使用していましたが、FBXデータの書き出しには反映されないようです。そのため、ポリゴン数を増やすことで対応しましょう。「Mesh > Smooth □ 」でSmooth Optionsを開きます(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170522203938p:plain

Expontential ControlsのDivision levelsを1から2に変更してApplyします(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170522204227p:plain

ポリゴン数を増やすことで、1番キー状態でもきれいな曲線のモデリングができました(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170522204412p:plain

丸みがあってキレイな出力

さて、こうしたプロセスを経ていつもの手順でアップしてみました(↓)。成功ですね!これで一安心です!

f:id:yonemoto-taiga:20170522212234p:plain

 ※3DデータをSTYLY Suiteにアップする方法は以前まとめたSKPファイルと同じなので割愛します。わからない方はこちらをご参照ください(↓)。

※STYLY Suiteの利用はこちらから(↓)