iFashion Lab|ブログ公式|ファションとテクノロジーの融合

テクノロジーとファッションの融合を書いていきます。

3Dモデルを挿入してみよう〜STYLY SuiteでVR制作 [第4回]〜

待ちに待ったGWが始まりましたね!今回は実際にVRを作っていきます!GWにやることがある方もない方もぜひトライしてみてください!

5種類のアセット

シーンを新規で作り始めたばかり(参考:Home画面からVR制作画面へ)ですと、VR空間はほぼ空っぽの状態(↓)です。

f:id:yonemoto-taiga:20170429234643p:plain

そのためこの空間にアセット(Assets)を配置しなければなりません。おさらいですが、アセットとは、VRシーンに挿入できるコンテンツのことです。画面左上のAssetボタン(↓)を押してみましょう。

f:id:yonemoto-taiga:20170427110517p:plain

これを押すと次の5種類のアセットが選択できます(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170427105630p:plain

今回はVR空間で最も多く使用する「3Dモデル」を見ていきましょう。

3Dモデル

3Dモデル(3D Model)のボタン(↓)を押してみましょう。

f:id:yonemoto-taiga:20170430000632p:plain

3Dモデルを選ぶページが現れます(↓)。 

f:id:yonemoto-taiga:20170430000937p:plain

3Dモデルには様々な種類があります。ざくっと分けすると

・オブジェクト系

・ライト(Light)系

・天球(Sky)系

・エフェクト(Effect)系

に分かれると思います。(※筆者によるカテゴリ分け)

オブジェクト系

オブジェクト系は空間内に配置していくものです。例を見てみましょう。

・ベッド、ソファ、観葉植物(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170430002559p:plain

・車、動物(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170430002550p:plain

・ちょっとした建築物(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170430002708p:plain

・魔法や呪文のような光(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170430002722p:plain

これらをぽちぽち押しながら配置していくことでこんな風(↓)になります。

f:id:yonemoto-taiga:20170430003808p:plain

意味不明ですが、空間ぽくなってきましたね。

ライト系

ライト(Light)はその名の通り「光」を意味しています。本来、VR空間は私たちの世界のように光を設けないと暗くてモノが見えない世界なのです。そこで光源を設置します。

f:id:yonemoto-taiga:20170430004614p:plain

ディレクショナルライト(Directional light)という電球マーク(↑)がそれに当たります。ディレクショナルライトは「平行光源」といい、まっすぐどこまでも伸びていく光を表しています。

f:id:yonemoto-taiga:20170429175702p:plain

ちなみに、新しいシーンを作り始めるたび(↑)に、必ず最初からDirectional Lightがあることに気付くと思います。これは必ず明るさを調整してくださいという開発者の思いやりだと思います。

実際にライトがあるのとないのではこんなに違います(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170430010239p:plain

f:id:yonemoto-taiga:20170430010243p:plain

天球系

VR空間は360度全方位を見渡すことができますので、空があったらいいですよね。STYLYでは0から作る必要はなく、「Sky」つまり「空」を意味する天球系アセットを使ってあげましょう。青空から神秘的な夜景まで選択肢(↓)は豊富です。

f:id:yonemoto-taiga:20170430011404p:plain

選択すると自動的に空が出来上がります(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170430011711p:plain

夕焼けにもできます(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170430011923p:plain

エフェクト系

エフェクト(Effect)系は空間全体の色合いを変化させてしまうアセットです。みなさんお使いのスマホ写真加工アプリに近いです。現状はモノクロとセピアの2パターンがあります(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170430012430p:plain

押してみると先ほどの青空空間が一気にモノクロに(↓)!

f:id:yonemoto-taiga:20170430012645p:plain

セピアだとこんな感じ(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170430012714p:plain

アセットリスト

アセットをぽちぽち配置していくと、画面左にある枠(↓)に使用しているアセットが並んでいきます。

f:id:yonemoto-taiga:20170430013246p:plain

要らないアセットを配置してしまったときは、×ボタンを押すと消せます(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170430013721p:plain

見事にゾウさんが消えました(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170430112542p:plain

アセットに近づくショートカットキー

配置したアセットに近づきたいなというときに便利なショートカットが「Fキー」です。例えば、車が遠くて見にくいな〜というときは、アセットリスト内にある車を選択して「Fキー」を押してみてください。

f:id:yonemoto-taiga:20170430015027p:plain

f:id:yonemoto-taiga:20170430015032p:plain

VR空間ではよく配置したアセットを見失うので、このショートカットは是非覚えてくださいね。

それではアセットを巧みに使って、面白い空間を作ってみてください。長い記事になりましたがお疲れ様でした。