iFashion Lab|ブログ公式|ファションとテクノロジーの融合

テクノロジーとファッションの融合を書いていきます。

THETAで撮った360度画像を貼ってみる〜STYLY SuiteでVR制作 [第9回] 〜

貝の食べ放題で1年分の牡蠣とハマグリを食べてきた筆者です。房総半島は海鮮が本当に美味しい。

THETA(シータ)を活用しよう!

今日はリコーの360度カメラ「THETA(シータ)」で撮った360度画像をVR空間に貼り付けてみましょう

360度画像を準備

各自撮影した360度画像を用意しましょう(THETA画像の取り込み方はこちら)。私は以前知多半島の成願寺で撮った自信作(↓)を用意してみました!

f:id:yonemoto-taiga:20170503235132p:plain

わかりやすいのでデスクトップに置いておきました(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170503235051p:plain

360度画像の挿入プロセス

STYLYエディタ上のAssetsボタン(↓)を押します。

f:id:yonemoto-taiga:20170427110517p:plain

続いて「Image / Gallery」(↓)を選択します。

f:id:yonemoto-taiga:20170504004316p:plain

次の画面にいったら「Select」ボタン(↓)を押します。

f:id:yonemoto-taiga:20170430212602p:plain

使用したいファイルを選択し、「開く」を押します(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170504003821p:plain

選択したファイルが表示されていれば「Upload」を押しましょう(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170504002458p:plain

ゲージが緑になっていれば無事にアップロードできています。「Next」を押しましょう(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170430220910p:plain

最後に「360 Sphere Image」(↓)を押してください。

f:id:yonemoto-taiga:20170504004907p:plain

無事に天球画像を貼ることができました!(↓)

STYLY Suiteを使うメリット

筆者は今までシータで撮った360度画像をFacebookで共有していましたが、時間の経過で投稿が流れてしまうデメリットがありました。STYLY Suiteを使うとシーンにURLが割り当てられ、VRモードへの切り替えも簡単です。URLを送ることでLINEでいつでも友達に共有できるのがありがたいです。

それではみなさんもぜひ試してみてください!お疲れ様でした!

 

※STYLY Suiteの利用はこちらから(↓)

suite.styly.cc