iFashion Lab|ブログ公式|ファションとテクノロジーの融合

テクノロジーとファッションの融合を書いていきます。

子供も楽しめる!VRサファリパークを作って、ハコスコで観賞しよう!〜STYLY SuiteでVR制作 [第24回]〜

今回は、STYLY Suiteを使って30分でできるVRサファリパークの制作方法から、ハコスコで観賞(二眼は対象年齢7歳以上)するまでをご紹介します。

子供も笑顔になる、わくわくサファリパークを作ろう!

「ウチの子供にもVRを体験させたい!でも、対象年齢が、、、」

HTC Viveなどにある対象年齢(13歳以上推奨)の問題。せっかくなら親子で一緒にVRを楽しみたいのに、諦めなければいけないのは悲しいですよね。

しかし、STYLY Suiteの豊富なアセットでVRサファリパークを作り、ハコスコ(二眼は対象年齢7歳以上)を使用すればVR体験ができます!

*ハコスコは単眼で使用した場合のみ、対象年齢が全年齢となります。

必要なもの

・PC(Mac / WindowsどちらでもOK)

Google Chrome(推奨ブラウザ 制作時)

スマホiOS / AndroidどちらでもOK)

・ハコスコ

 VR制作にはSTYLYを利用

今回もVR制作ツール「STYLY」を活用して制作していきます。

f:id:yonemoto-taiga:20170703181627p:plain

STYLYのUI説明や基礎機能(オブジェクトの移動、回転など)はこの記事では割愛します。もし確認したい方はSTYLYの公式チュートリアルか、前回私たちが書いた記事を覗いてみてください。

 

空、地面のアセットを挿入

では始めていきましょう!画面左上に3つ並んでいる黒いボタンのうち、真ん中にある「Assets」ボタンを押してください。

f:id:yonemoto-taiga:20170614125847p:plain

次の画面で「3D Model」を選択します(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170702214030p:plain

次の画面は3Dモデルの種類が分類されています。空のアセット「EpicSky」を選択します(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907153427p:plain

次に下へスクロールし、地面のアセット「Grass」を選択します(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907155223p:plain

元のエディタ画面に戻り、空と地面が挿入されてサバンナのような、広大な大地ができあがります(↓) 

f:id:yonemoto-taiga:20170907155923p:plain

動物の3Dモデルを挿入

同じ要領で今度は、「3D Models」を選択します(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170901152104p:plain下にスクロールしていくと様々な動物のアセットがあり、「Elephant」という名前の3Dモデルを選択してみます(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907163147p:plain

元のSTYLYエディタ画面に戻り、「自分だけのVRシアターを作ろう!(1)」と同じ要領で好きな位置へ調整します(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907163813p:plain

このような手順で楽しそうなVR空間をイメージしながら、好きな動物を好きな場所へ挿入していきましょう *3Dモデルの複製は「Shift + D」で可能です(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907175156g:plain

草、木の3Dモデルを挿入

再び「3D Models」を選択します(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170901152104p:plain

下にスクロールして「TallTree」という名前の木の3Dモデルを選択してみます(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907183648p:plain

元のSTYLYエディタ画面に戻り、調整したらこんな感じに(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907184801p:plain

動物たちと同じ手順で様々な草、木の3Dモデルを挿入していけば、動物園よりも開放的なVRサファリパークの完成!(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907195308g:plain

完成したら、最後はハコスコで覗いてみよう!

完成したら画面左上の「Publish」ボタンを選択します(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170617115057p:plain

次の画面では作ったVR空間の名前を変更可能です。OKなら真ん中の「Publish」を選択します(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907205024p:plain

そうすると、「Open Published Page」が出てくるので選択します(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907205055p:plain

そして、このVR空間のURLが発行されて360度デモページが実行されます(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170907205946p:plain 

f:id:yonemoto-taiga:20170907214428g:plain

最後に、発行されたURLをスマホのブラウザで開き、「Enter VR」をタッチ。あとはハコスコにスマホを入れたら完了!*現状では静止画ですが、今後は動画再生も可能になるそうです(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170911143221p:plain

スマホを横すると画面が二眼に切り替わります。*スマホの画面回転をロックすれば、単眼で観ることもできます。(↓)

f:id:yonemoto-taiga:20170911143525p:plain

以上で、VRサファリパークの制作方法から、ハコスコで観賞するまでの解説は終了です。お疲れ様でした!