iFashion Lab|ブログ公式|ファションとテクノロジーの融合

テクノロジーとファッションの融合を書いていきます。

エディタ画面からVRの公開まで〜STYLY SuiteでVR制作 [第3回]〜

美女と野獣」のアニメ版を見直してみたらやっぱりこっちもいいなというどっちつかずな筆者です。今日はSTYLY Suiteのエディタ画面(=編集画面)を解説したいと思います。

VRエディタを見てみよう

早速、VRのエディタ(https://webeditor.styly.cc/built/)に行ってみましょう(行き方がわからない方はこちらを参照)!

f:id:yonemoto-taiga:20170427102025p:plain

VR空間は「3次元」、つまり「横・縦・奥行き」の世界です。STYLYではそれぞれ

・横=X軸

・縦=Y軸

・奥行き=Z軸

で表されています。どこを向いているかは画面右上のこのマーク(↓)でわかります。

f:id:yonemoto-taiga:20170427101913p:plain

このアイスのコーンみたいな部分をポチポチ押すと、xyz方向がキュッキュッと変わるので押してみてください。

ちなみに、3Dの世界では空間のことをScene(シーン)と呼びますので、以下その記述で進めます。

左上のアイコンの意味

画面左上に次のアイコン(↓)が並んでいますね。

f:id:yonemoto-taiga:20170427102803p:plain

・Scenes(シーン):制作中のシーン管理

・Assets(アセット):シーンに利用するアセットのまとまり

・Publish(公開):シーンの公開、シーン名の変更

をそれぞれ意味しています。

Scenesボタン

それでは「Scenes」ボタンを押してみましょう。

f:id:yonemoto-taiga:20170427105111p:plain

このような画面(↓)が出ます。

f:id:yonemoto-taiga:20170427104249p:plain

作っているシーンは自動保存されており、この画面上に貯まっていきます。複数のシーンを同時並行で作成している場合、この画面から切り替え・削除することができます。

また、メインページに戻りたい場合もこの画面から戻れます。

Assetsボタン

Assets(アセット)とは、VRシーンに挿入できるコンテンツのことです。それではAssetボタン(↓)を押してみましょう。

f:id:yonemoto-taiga:20170427110517p:plain

STYLYでは次のようなアセット(↓)が用意されています。

f:id:yonemoto-taiga:20170427105630p:plain

・3Dモデル

・画像

・音楽

・動画

・PDFファイル

この豊富で簡単に挿入できるアセットこそがSTYLYの使い勝手の良さですので、ここはまた次回以降に詳しく解説をしたいと思います。

Publishボタン

f:id:yonemoto-taiga:20170427110556p:plain

Publishボタン(↑)を押すと、完成したVRシーンを公開、並びにシーン名の変更をすることができます。

f:id:yonemoto-taiga:20170427111942p:plain

ちなみに、赤い丸は「未公開」状態を表しています。「Publish」ボタンを押すと赤いボタンが消えて次のボタンが表示されます(↓)。

f:id:yonemoto-taiga:20170427112416p:plain

赤枠のボタンを押してあげることで、作成したVRシーンを見ることができます!

f:id:yonemoto-taiga:20170427112622p:plain

それでは今日はここまで!ありがとうございました!